契約書面の注意点

新規ご契約時の注意点を再度まとめました。ご契約時にご確認ください。

1.結婚相手紹介サービス契約書面(必須書面)

(1)本書面は契約書です。
(2)契約書の甲欄には弊社代表を記入します。
(3)乙欄には会員様にご記入頂きます。
(4)お客様相談窓口については概要書面と同じです。
(5)費用に関しては前受金の保全措置及び手数料について説明してください。
(6)料金表及びコース名称については、概要書面とは異なりここではご契約となったコース料金を必ずご記入ください。①~③が初期費用に関するもので、入会時費用合計欄にその合計を記載してください。⑤~⑥が月々の費用、⑦~⑧が出来高報酬、③⑨は例外等を記入する欄です。
(7)支払時期、抗弁権の接続は概要書面の内容と同じですのでご確認してもらうだけでも大丈夫です。
(8)関連商品の取り扱いと特約事項は概要書面に記載の内容と同じです。
(9)第1条は概要書面に記載の内容と変わりがありません。
(10)第2条はほぼ全て概要書面に記載の内容と同じですが、4項の1ヶ月にご紹介できる人数はご説明ください。(最低月1名~最大月50名)※自由に設定して頂けます。
(11)第3条は概要書面に記載の内容と同じです。
(12)第4条は概要書面に記載の内容と同じです。
(13)第5条は概要書面に記載の内容と同じです。
(14)第6条はお客様に見て頂き該当がないかをご確認ください。
(15)第7条は会員登録についてはお客様にご確認してもらってください。
(16)第8条は原則、全て説明してください。
①プロフィールに噓の記載をするとペナルティーがある点
②住所変更等があった際は必ず申し出てもらう事
③書類を良縁ネットや警察、司法に提出する場合がある
④システム上の個人情報を決して漏らしてはいけない点(この人かっこいいよね人にうっかり見せることもNG)
⑤パスワードを人に貸したり、教えたりはできません。
⑥個人情報を故意に漏洩した場合、損害賠償もあり得ますのでご注意ください。
⑦遊び目的や宗教勧誘などをここでは行ってはいけません。
⑧特にお見合い時の言動、服装などにはご注意ください。女性はエステや美容室で整えてくる方も少なくありませんが、そこにTシャツ、短パンで行くとお相手はショックを受けます。
⑨受けた、申し込んだを問わず決定したお見合いを断ることが出来ません。やむを得ず断る場合は金10,000円の違約金を請求することになるので予めご注意ください。
⑩お見合い当日連絡もなく20分以上遅刻した場合は、20,000円の違約金を頂きます。ただし1ヶ月以内に同じ方とお見合いを実施できた場合、10,000円を返金します。
⑪お見合い終了後、翌日13時までにお相手との交際の意思を必ずご連絡ください。お見合い終了後すぐでも問題ございません。
⑫お申し込みをした又は受けたを問わず交際に同意した場合、お相手と1回も会わずに交際を終了することはできません。その場合違約金10,000円をご請求しますので、会うか合わないか迷った際は交際を受けないようお願いします。
⑬会員様間の金銭の授受、貸し借りはできません。
⑭交際のお断り、終了は必ず弊社を通じて行う事とします。これに反して揉め事になっても救済措置はございません。
⑮お見合い後の交際期間は、原則6ヶ月以内ですが、お相手が承諾する場合に限り延長が可能です。
⑯交際中は交際状況を定期的に報告してください。また結婚を決めた場合は速やかに報告して頂き、成婚大会の手続きを取らせて頂きます。
⑰成婚の事実を故意に隠して成婚していた場合は、契約成婚料の2倍を、違約金として請求することになるのでお気を付けください。
(17)以降、第11条まではお客様にご確認してもらってください。
(18)第12条は成婚の定義ですので必ずご説明ください。
(19)第13~16条は概要書面の内容と同じですのでお客様にご確認してもらってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA