概要書面の注意点(確認)

新規ご契約時の注意点を再度まとめました。ご契約時にご確認ください。

1.結婚相手紹介サービス概要書面(必須書面)

(1)本書面はサービス提供内容の説明書面です。契約書ではありません。
(2)内容を全て読み合せた後、お客様欄に署名捺印(サインも可)してもらいます。
(3)当社説明者の欄には説明した本人の署名捺印(サインも可)をお願いします。
(4)概要書面は書面内の縦線の右側が本文、左側が本文の要約という構成になっております。
(5)役務提供事業者はRe,stArt本社です。支社のご案内は不可になります。
(6)顧客相談窓口は良縁ネット連盟本部です。左側の確認欄にお客様ご自身に相談窓口の番号を記入してもらってください。
(7)提供するサービスは1から9までを要約して説明しても差し支えありませんが左側に記載の主旨を間違えないようご注意ください。
(8)費用ではコースが3つ記入できますが、それを超えるコースの場合はここに必ず「別紙参照」と明記して料金表を添付してください。
(9)費用の支払い時期と方法については、お客様利益を考慮して原則銀行振り込みをお勧めします。支払いサイクルを参考にしてください。
6.のお相手成婚料の負担に関しては、男性はお相手の成婚料負担をするか否か、女性はお相手に成婚料の負担をお願いするか否かを選択できます。その際に双方前者の場合で成婚となった際は、お相手結婚相談所の成婚料を負担することとなります。お相手相談所の料金設定次第では、自社成婚料より高い場合もある点を予めお伝えください。
(10)お見合いキャンセル、成婚隠しのペナルティーは契約書の方が詳しく書かれているため、ここでは割愛し契約書の読み合わせで説明することをお勧めします。
(11)関連商品の取り扱いと特約事項は抱き合わせ販売等で使われる手法です。このような手法で利益をむさぼる手法は弊社では容認しておりません。ここは丁寧にご説明ください。
(12)サービスの提供期間は1年です。ここの説明は必ずしてください。
(13)クーリング・オフについては省略不可です。必ずそのままご説明ください。ただし、概要書面又は契約書のいずれか一方で説明頂ければ2度説明は不要です。
(14)中途解約はクーリングオフ期間終了後の中途解約に関する規定です。ご自身の利益にも影響があることですので必ずご理解の上説明してください。
(15)個人情報の取り扱いについては、概要書面又は契約書で説明をお願いします。お客様には必ず同資料を配布してください。
(16)提出書類については、ここで必ず説明お願いします。
(17)ここまで読み合わせたうえで内容を全て読み合せた後、お客様欄に署名捺印(サインも可)してもらいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA